時々はぼんやり考える

ライブの感想など

ENDLESS SUMMER BREEZE 2012

「ENDLESS SUMMER BREEZE 2012」
9/2(日)
日本ガイシホール(名古屋)
奥田民生 / 斉藤和義 / 秦 基博 / 星野 源 / 山崎まさよし


行ってきました。
名古屋でこういうイベントがあるのは珍しいです。
9ヶ月ぶりの民生……!!
楽しみでしかたがなかった。ずっとそわそわしてた。
ついに悶々とした日々から脱するのです。オタミン補給です。

座席は奇跡の前から二列目でした。
チケットを取ってくれた友達に感謝。

内容は、長いので中に書きます。

タイムテーブル
1 たみおさん
2 まさやん
3 秦さん
4 和義さん
5 星野さん


トップバッターて…!初っ端から燃え尽きてしまう。
まあ、最後に全員でセッションとかあるだろ、ぐへへ(^q^)…
そんなふうに思っていた時期が私にもありました。
それは後ほど書きます。


15時(10分くらいおして?)開演!!!
下手からぞろぞろ登場するMTR&Y。
彼らの存在は幻じゃなかったです。そこに居ました。
すぐそこに!
私の席は、センターよりちょっと上手側。
たみおは下手に立つけど、体をちょっとセンターに向けるよね。
わたしの席からは、体が正面を向いてるように見えて、良いアングルだった。
スタンドマイクとかipadとかで、ちょっと体が隠れるけど。
ぜんぜんOKでした!なんという贅沢な席…!こんな幸せがあって良いのか?!

一曲目、歌う前になんか喋ったかな?忘れてしまった。
始まったカウントと、その日初めて聴く楽器の音。
テンションが即MAXに跳ね上がるイントロで始まった「イージュー★ライダー」
「うぉああ…歌ってるよおおおぉぉぉ」という気持ちが溢れて、
あまり演奏を聴けずw
込み上げてくるものがあり。なんとか泣かなかった!
「なごや~!」と叫んでくれた。そしてサビ大合唱。
マイクから離れても、お客さんと一緒に口を動かす民生さん。好きです。
「始まっちゃった、もうすぐ終わっちゃう…」と既に考えるw

曲がおわり、間髪を容れずに二曲目。「恋のかけら」
この曲大好き!!!!うっとりと、する。
なんでこんな素敵な曲がつくれるのかな?!?!と毎度思う。
ゆらゆらと、心地よく、切なく、愛おしい。
はあ~~~って、周りのお客さんも、ため息交じりで見とれてたと…思う…
聴けてよかった。

いつ喋ったのか、忘れたけど
「トップバッターだからなんか言わないと」とか
「この後もむさくるしいメンバーですが」とか言ってたと思う。

三曲目、夏のうた「アーリーサマー」
始めるまえに、なんかニコニコし出して、(他のメンバーを見ながら?)
ちょっと半笑いで歌に突入。なにかあった?
でもすぐ本気に切り替わる。
「花火の色は数あるが世は 1かゼロかのはかりばかり」ここが凄い好き。
好きな詞の部分は集中して聴いちゃう。
間奏のギターが「なんかCDと違うな~ライブならではだな~」と思っていたら
「なにさま ありさま」を歌い出せず、すっ飛ばし?演奏もなんか変??
すると、低い素の声で「間違えた」と一言。
えー!!良いところで!!www
なんとか持ちこたえ(?)なんとか終わり。

礼さん「良いところで間違えたな~ ワイルドだろぉ~」とおちょくる。
たみお「骨折したな」←スギちゃん情報w
「何事もなかったかのように、次に行きます」と。笑

次は「MANY」 この曲すきよね、民生さん。多分。
声のびるのびる。安定した声です。気持ちよい曲。
次「マシマロ」 きたきた\(^o^)/
この曲のイントロでも、なんかニコニコしてギターで遊ぶ。
ドラムとの掛け合い(?)いかしてる。

つぎ、圧巻の「CUSTOM」 
どうだ、と言わんばかりの……!!!
ROCK魂(というと恥ずかしいけど)を見せ付けられます。
こんな熱い歌がほかにありますでしょうか。ぷるぷるしてしまいます。
ひれ伏します。
最後の詞「届いてる?」で、首を縦ににぶんぶん振りたくなります。
「届いてる!届いてる!」って。
この歌は、歌詞間違えなくて良かった。笑

つぎ「快楽ギター」
待ってました!でももうすぐ終わっちゃうんだなあ。
がんがん暴れ狂うというよりは、
演奏する姿を、その様をしっかり見ておこうという思考でした。
もちろん盛り上がりまくってますが。脳内がやばい。
最後は「明日はどうだ」です。
お前の明日はどうだ?と問われる歌です。 とても、前向きになれます。
最後感が漂う。やっぱり最後だった(;▽;)

快楽ギターか、明日はどうだの後かどっちか忘れたけど
ピックを投げました。
こここっちに向かって……!!!
わたしの、一つ後列の、二席くらい左の方がgetされました。

なんか夢のかけらが飛んできたような…笑
投げる姿が、めちゃかっこよかった…。
ピッとね。
頭に焼き付いています。すごい。

あと、なに喋ったっけ…。野球のことか。

ビールをひょいと持って、下手へはけていく民生さん。
ありがとう。おつかれさまでした。また名古屋へ来てください。


ドキドキがしばらく治まらなかった。
なんてかっこいいのだ。…じぶんが気持ち悪い。
でもかっこいいです。

他の方々も、もちろん素敵で。(とってつけたように言うけど)
二番目に楽しみにしていたのは、山崎まさやんです。
おとなっぽさ(そりゃ大人だけど)、色気?があって、引き込まれた。

和義さんの、ロッカー然とした姿も素敵です。
爆音かっこいい。迫力ありました。
すらっとしてて、喋りがゆるくて、演奏する姿はかっこいい。
こらもてるわ、と思った。
ちなみに和義さんは、たみおワークシャツを着ていた。
楽屋で貰ったらしい。
でも、「汗を吸わないから買わないほうが良い」と言われてた。

秦さんは、自分で「ひとりだけ弾き語りなので、箸休め的な…」と言ってた。
たしかに休めた。笑 うた上手!

星野さんは、民生さんのこと喋ってくれた。
「僕が小学生の頃、あの方は髪の毛をツンツンに立ててました。
今、楽屋で見たら、すでに真っ赤。飲み過ぎですよ、民生さん」と。
MCが面白かった。独特の雰囲気のうたも素敵。

全ステージ終わり、アンコールが起こりました。
…星野さんが登場!!
「ああそういうアンコールですか!!!」という心境です。笑
でも星野さんがニコニコして嬉しそうだったから良いです。

期待した分、ちょっと落胆したけど。良かった。良いイベント。
みんな格好良くて退屈しなかったです。
とりあえず今は脳内が民民してて、日常生活に支障が…。
はやく11月にならないかな。