時々はぼんやり考える

ライブの感想など

トライセラのこと

長い間、書いていなかった。
前回書いたのは、FCUWの記事か。 6月はポルノにウハウハして終えました。 
7月はトライセラ月間。 7/20が、デビュー15周年ということで。 
この日の野音公演には行けませんでしたが、名古屋公演と浜松公演でFEVERしました。 

まず、7/6のCLUB QUATTRO。 初めてFCでチケットを取ったので、
自分至上最前の位置でステージを堪能しました。 
トライセラを好きになったきっかけでもある「GOING TO THE MOON」で 
初っ端から跳んだ跳んだ。 だいすきな「Fall Again」も聴けて、昇天しそう。 
「ROCK MUSIC」の洋楽メドレーにしびれる。
和田さんのロックスターっぷりがビシバシと伝わります。
もうわたしの言葉では書き表せない…。

7/16は、初めてトライセラで遠征(?)しました。 浜松だから、すぐそこだけど。
初めて見る、対バンのNONA REEVES。うーーーん。おしゃれ(酔)
雰囲気が良過ぎる。いつまでも聴いていたい感じです。
そしてトライセラ。名古屋クアトロよりぐっと狭い会場で、ステージはすぐそばです。
手を伸ばせばわだしょうに触れそう…!
名古屋では演らなかった、これまた大好きな「FEVER」が聴けたり
アンコールでは、トライセラ×ノーナで「Warp」!!
しびれた…………わたしの脳がどっかへワープしてしまったよ。

暖かくて暑くてクールで、たくさん笑えて…
トライセラのパワーの凄さを見せ付けられたライブ(ツアー)でした。
15周年おめでとう